お腹の脂肪の落とし方

お腹の脂肪を落とすために筋トレに励んでいます

いつの間にかお腹に脂肪がついていて、体重が44kgから46kgにまで増えていたので驚いてダイエットを始めました。

 

ダイエットの内容は筋トレと食事制限。

 

特に頑張っているのは筋トレです。

 

わたしは正直、食べるのを我慢するのが非常にニガテです・・・。

 

甘い物を食べるのを我慢するのはキツかったので、その分運動をすることにしました。

 

筋トレをすると代謝が上がるので痩せやすくなりますし、「食べても食べても痩せる」という体型になりつつあるので非常に嬉しく思っています。

 

不摂生は控えるようにしているのですが、やはり食べたいものは食べた方がストレスが溜まらないので、今後も筋トレを励みつつ、お菓子も食べつつダイエットをしていこうと思っています。

 

 

年齢を重ねた後のぽっこりお腹は大変

若い頃はいくら食べても太らなかった人でも、年齢を重ねるといつの間にかぽっこりお腹になっていることが多いです。

 

お腹がぽっこりしているのは大人だけでなく、赤ちゃんも同じような感じです

 

大人のぽっこりは自分は迷惑はかけていないと言い張っても、見た目も悪いですし、どうしても不健康そうに見えます。

 

実際に腸内環境はあまりよくないでしょうし、年齢が上がるにつれて新陳代謝も悪くなります。

 

体内にある酵素量も減っていくうえ、年齢と共にお腹周辺の筋肉も落ちていきます。

 

そのままでいると脂肪肝など内臓関係に脂肪がみっちりと付いて、病気になることがあります。

 

特に女性の場合には、閉経後に女性ホルモンが減少しホルモンバランスが崩れていくので、脂肪を蓄えやすい身体になっていくようです。

 

脂肪の取りすぎは高血圧や心臓病などの生活習慣病にもかかりやすくなります。

 

年齢を重ねてからあわてて運動するのではなく、若いうちから定期的に運動をして筋肉を
つけておく方が良いでしょう。

 

へこまない下っ腹

出産後、年々立派になっていく下っ腹。若いころおばさま方の立派な下っ腹を見て、

 

「どうして、下っ腹ばかりあんなに出ちゃうの??
あんなになるまで気づかないなんて、信じられない!!」

 

そう思っていたのに、今はその意味が分かる気がします。

 

人間、慣れるものなんです!

 

妊娠中は、赤ちゃんがいるからお腹が出っ張ります。
生んだ後も、しばらくポッコリお腹が出ています。

 

10か月もお腹が出ていたのだから、すぐにはへこまない、それは仕方のないこと。

 

しかし、一年たち、二年たち、月日が流れても下っ腹ポッコリ健在。

 

健在どころか、成長していきます!!

 

そして、そんなお腹を隠すためのゆったりした服を選ぶようになり、どんどんお腹はリラックスモード。完全に悪循環にはまっていきます。

 

周りにいる友達も、似たような体系の女性ばかり。
というか、都合のよいものしか目に入らないのかもしれません。

 

出産してもペタンコのお腹の持ち主はたくさんいるのに、見て見ないふりです。

 

自分とは別物と、ラインをしっかり引いています。

 

 

なかなか脂肪が落ちない女性に

 

今、エステで話題のキャビテーション。脂肪吸引と違って脂肪を溶かして排出するので「切らない脂肪吸引」と呼ばれています。痛みもなくセルライトや脂肪細胞を除去できる上にエステのように快適です。今まで部分痩せがうまくいかなかった人やなかなか脂肪が落ちない人、そして楽して痩せたい人におすすめです。

 

10分間、体の気になる部分にアイロンをかけるように当てると脂肪細胞を刺激し、温め、流れを良くします。「セルライト」や「部分痩せ」「脂肪を柔らかくする」「冷え、むくみ対策」「バストにハリ」などの効果があると言われております。詳しくはセルフキャビのサイトでどうぞ!